ミノファーゲン製薬について

事業所紹介

座間工場環境方針

〈基本理念〉

株式会社ミノファーゲン製薬 座間工場は、「人に、環境に、やさしい医薬品づくり」を基本理念として、生命関連製品である医薬品を製造しています。

また、事業活動の推進にあたっては、企業理念に基づき、常に「世界の人々の健康福祉に寄与する」ことを第一義に、科学に対する謙虚さをもって自らを厳しく律し、生命関連企業として地球環境・地域社会への影響に配慮します。


〈環境方針〉

  • 私たちは、事業活動における各種業務を標準化すると共に、環境負荷を把握し、製造の効率化と環境保全に向けて、環境マネジメントシステムを定期的に見直し、その機能の維持改善を図ると共に、環境負荷を継続的に低減するように努めます。
  • 私たちは、事業活動に伴うエネルギー、原料・資材・化学薬品の適切な使用を図り、省エネルギー、省資源、廃棄物の減量化及びリサイクルを推進します。
  • 私たちは、構内・構外整備により職場環境及び工場周辺の環境保全に努めます。
  • 私たちは、環境保全活動を展開するにあたり、協力会社、地域社会との協調、連携を図ります。
  • 私たちは、環境関連法規及び当工場が同意するその他の要求事項を遵守します。
  • 私たちは、全従業員に環境教育を行うことによって、環境方針を理解し、環境問題に対する意識向上を図ります。
  • 私たちは、この環境方針を公開します。

2017年7月1日

株式会社ミノファーゲン製薬座間工場

工場長 藤木 光正

このページのトップへ